2005年10月5日 のアーカイブ

プライマリーディーラー制度

2005年10月5日 水曜日

国債は安定的に消化しなければ、調達金利の増加等、発行主体の国は困ることになる。
しかしながら、プライマリー・ディーラー制といって、一定の規模の入札および、落札や市場の状況等の報告を義務付ける代わりに、一定の優遇措置が認められてる。
ストリップ債の分離・統合が可能となったり、非競争入札が可能となったりする。
日本では、2004年から、日本版プライマリーディーラー制度というべき、
国債市場特別参加者制度導入され、今に至っている。